2015年09月28日

VW騒動はマツダにとってチャンスとなるか?ピンチとなるか?


にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

☆いつもご訪問ありがとうございます。ブログ村参加しておりますので是非クリックを
 して頂けるととても励みになり幸せます^^!☆

こんばんは。
どうにも軟調な市場となっている月曜日です。
しばらくは、外患が多いだけに2013−2014年のような
雰囲気に戻ることは、当分無いかもしれません。

さて、その外患の大きな一つが自動車大国ドイツの
最王手メーカ、フォルクスワーゲンの不正です。

近年、欧州を中心にディーゼルエンジンが、
「クリーンディーゼル」として各国の厳しい環境規制をクリアし、
新たな環境車としての存在感を高めてきました。

そんな中、フォルクスワーゲンが米国の規制をクリアするために、
試験走行時にだけ作動する不正ソフトウェアを組み込み、
実際の排ガスは規制値を上回っていたということです。
これは、ほんとうに信じられない措置です。

フォルクスワーゲンは、トヨタと世界一を争うほどに販売量の多い
自動車メーカです。この巨大企業の信頼失墜が、今後どのような
影響を及ぼすのか心配しているのです。

そして、日本でもクリーンディーゼルで復権した会社があります。
そう、広島が本社のマツダです。
2012年のCX−5に搭載したスカイアクティブDの発表以降、
アテンザ、アクセラ、デミオ、CX−3と出す車出す車が大ヒットで、
リーマン・ショックで傷んでいた会社を見事に復活させました。

そんなマツダに、今回の騒動が冷水にならないかやはり心配です。
技術的にはマツダのスカイアクティブDは、
触媒や尿素水を使った排ガス対策を行っているわけではなく、
全く別の技術で規制をクリアしているので、
しっかりと説明していけばディーゼルへ向けられる厳しい目を、
欧州や米国でもクリアできるのではと期待しています。

これを機に、マツダブランドを是非とも高めて欲しい!!!








にほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へにほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
⇒Posh Boyの長期航海日誌の順位はこちらから!

posted by POSH BOY at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする